分数のたし算とひき算|算数5年のプリント
5-7 現在、サンプルモード
分数のたし算とひき算
【5年の単元】
1 大きさの等しい分数を作る練習をします。分母と分子に同じ数をかけても、同じ数でわっても分数の大きさは同じです。また、分母と分子の公約数で約分する練習をします。
2 分数の通分の練習をします。相手の分母を自分の分母と分子にかける通分、、大きい方の分母に合わせる通分、最小公倍数を見つける通分の練習です。
3 分子が1だけの分数のたし算について、最小公倍数を見つけ通分を行うたし算の練習をします。次に、分子が1以上の分数のたし算について、最小公倍数を見つけて通分をするたし算の練習をします。
4 最初に、分子が1だけの分数のひき算について、最小公倍数を見つけ通分を行うたし算の練習をします。次に、分子が1以上の分数のひき算について、最小公倍数を見つけて通分をするひき算の練習をします。
5 帯分数のたし算は、最初に帯数をまとめ、帯数はそのままにして通分をして分数の計算をします。尚、仮分数は帯分数になおしましょう。帯分数のひき算も、最初に帯数をまとまてから計算をしますが、ひき算ができない場合は、帯数を繰り下げて計算をします。
6 時間と分数との関係を学習するドリルです。最初は、線分図(数直線)を用いて、分を時間になおす練習をします。次に、分数で表された時間を分になおしたり、秒を分で表す練習などをします。