漢字マラソンカレンダー|東京書籍対応
只今、サンプルモードです!
(東書) 漢字メニュー
漢字マラソンカレンダー

4月・5月漢字マラソンは4月12日スタートです!

今回のテーマは、教科書(上巻)の3回反復(初級)です!

毎週日曜日に完走証明文字が1週間分セットされ、2週間表示されます。

完走証明文字が消える前に、1週間分のドリルを印刷しましょう。

ドリルの印刷は、メニュー(3)漢字マラソンから行います。
さあ、ゴールに向けて、完走を目指して頑張りましょう!
東京書籍
第1週 No.1
4/12
No.2
4/13
No.3
4/14
No.4
4/15
No.5
4/16
第2週 No.6
4/19
No.7
4/20
No.8
1年
ゴール
No.9
4/22
No.10
4/23
第3週 No.11
4/26
No.12
4/27
No.13
4/28
No.14
4/29
No.15
4/30
第4週 No.16
5/3
No.17
5/4
No.18
5/5
No.19
5/6
No.20
5/7
第5週 No.21
56年
ゴール
No.22
5/11
No.23
4年
ゴール
No.24
5/13
No.25
5/14
第6週 No.26
3年
ゴール
No.27
5/18
No.28
5/19
No.29
5/20
No.30
5/21
第7週 No.31
2年
ゴール
- - - -
 
以下は、教科書外
=漢字マラソンカレンダーについて=
1.

漢字マラソンカレンダーは、漢字マラソンの進行表(目安)です。

2.

いつスタートしてもOKですが、カレンダーに従うと、継続しやすくなります。

3.

教科書によってドリル枚数(ゴール日)が異なりますので、ご注意下さい。

4.

ドリルの印刷は、メニューの(3)漢字マラソン(反復)から行います。

=漢字マラソンの進め方=
1.

毎週月曜日に一週間分の完走証明用の文字 or 数字がドリルに設定されます。

2.

カレンダー上では、完走証明用の文字 or 数字が設定されたドリルが緑色で表示されます。

3. 緑色で表示されたドリル(完走証明用の文字あり)を印刷して下さい。
4. 1週間分をまとめて印刷すると便利です。
5.

ただし、1日1枚のペースは守りましょう。

6.

1週間で5枚ずつ進めて行きます。残りの2日は予備日とします。

=完走証明書の発行=
1.

完走証明申請用の文字(または番号)発表は、お知らせをご覧ください!

2.

ドリルに記載されている文字または、ドリル番号を添えて完走申告をして頂きます。

3.

完走証明の文字 or 数字が一致すれば、こちらから完走証明書(メール)を発行します。

4.

5回完走された方には、図書カード(500円)をプレゼントします!

=漢字マラソンの令和2年度のスケジュール=
漢字マラソンを下記の通り定期的に実施します。
漢字の習得には反復練習が欠かせません。3回+4回の7回反復を実践しましょう。
漢字マラソンカレンダーが家庭学習の先導役です。毎日1枚の漢字マラソンが基礎を定着させます。
 

◆ 6月マラソン:教科書上巻の復習(3回反復:初級) 終了

 

◆ 8月(夏休み)マラソン:教科書上巻の復習(4回反復:中級)

 

◆ 11月マラソン:教科書下巻の先取り(3回反復:初級)

 

◆ 1月マラソン:教科書下巻の復習(4回反復:中級)

3回反復(初級)とは、
  15問のうち5問ずつずれていく反復ドリルで、同じ問題を3回練習します。
  最初に読みが表示されますので、新漢字の先取りが楽々とできます。
4回反復(中級)とは、
  20問のうち5問ずつずれていく反復ドリルで、同じ問題を4回練習します。
 

初級(3回反復)の後に中級(4回反復)をして新漢字の定着率を高めます。

7回反復にする方法
 

3回反復(初級)のNo.4のとき、4回反復(中級)のNo.1を追加して、それ以降、

 

No.5とNo.2のように2枚学習にすると、7回反復ができるようになります。

 

7日間にわたって同じ漢字を7 回書くことになり、定着率が一気に上がります。