中学数学の復習問題|一次関数
2-3a 1次関数 【中学2年の単元】
1 Xが決まればYが決まるとき、YはXの関数であるといいます。一次関数の式は一般にY=aX+bと表されます。比例の式は一次関数の特別な場合と考えます。Xの増加量に対するYの増加量の割合を変化の割合といいます。変化の割合やyの増加量を求める問題を扱っています。
ページ→
2 XY座標の座標値を読む問題、傾きと切片を読む練習、一次関数のグラフをかく問題をアップしています。グラフは切片や整数の座標点をスタート点にして、そこから傾きを考慮して作図します。直線の傾きが正のときは右上がり、負のときは右下がりになります。
ページ→
3 傾きと1点の座標が分かれば一次関数の式を求めることができます。切片と1点の座標が分かれば一次関数の式を求めることができます。また、2点の座標が分かれば一次関数の式を求めることができます。
ページ→
4 二元一次方程式のグラフ、方程式の解、連立方程式の解を求める復習問題をアップしています。
ページ→