平均と単位量あたりの大きさ|小学生の算数プリント
5-5 平均と単位量あたりの大きさ 【単元の切り替え】
1 いくつかの数量を等しい大きさになるようにならしたものを平均といいます。グラフを読んで、仮の平均から真の平均を求める練習をします。
ページ→
 
偶数・奇数、公倍数
平均・単位量あたり
割合・百分率
直方体・立方体の体積
合同な図形
多角形・正多角形の角
円周率と円周、角柱と円柱
     
 

順次、他の単元を

  追加していきます!
     
2 平均の基本問題です。平均を与えて合計を計算するなど、色々なパターン練習ができます。
ページ→
3 平均の応用問題です。平均を求める問題、合計を求める問題、個数を求める問題などがあります。
ページ→
4 人口密度や混みぐあいなど、単位量あたりの大きさを求める基本問題です。
ページ→
5 単位量あたりの大きさの応用問題です。単位量を求めて2つの量を比べる問題などがあります。
ページ→